山口・宇部新川の宇部ラーメン有名3店に行ってみました



スポンサーリンク

はにわ官房長官
明けましておめでとうございます。日本全国には津々浦々様々なラーメンがありますが、今回は山口の宇部に出張ついでに、宇部新川駅周辺の有名3店舗で宇部ラーメンを食べてみましたので、レポートいたします。

山口県の宇部について

山口県の宇部に出張することになりました。

宇部の歴史は古く、1万数千年前の石器が出土しており、旧石器時代から人が存在していた土地です。
江戸時代には萩藩の所領となりました。毛利福原氏が領主となり宇部地域の発展に努めていました。
明治期以降は石炭産業をベースとする化学工業により街が発展しました。

有名な企業には、長年宇部の発展に貢献してきた宇部興産があります。またユニクロ発祥の地と言われています。

土地の人の気質なのか、職人的な技術者が多い土地だと思います。

宇部は、最近の商業主義とは違う、実直な感じがする街です。

宇部ラーメン

日本中に○○○○ラーメンはありますが、宇部にも宇部ラーメンがあります。

宇部ラーメンは中太の柔らかい麺を使った、白濁濃厚豚骨スープのラーメンです。
紅ショウガがとてもよく合います。

小さめのどんぶりで、サラッと食べる味わい方をします。

1人前の量は控えめな量です。女性は普通盛りで、男性であれば大盛りが良いと思います。

麺は柔らかめに茹でられてますので、ラーメンがテーブルにやってきたら、紅ショウガを加えて一気に食べきります。

宇部の風土と同じく、派手さはありませんが、真面目にオリジナルで進化してきたラーメンじゃないかな、と思わせる物があります。

中華そば一久 新川店

宇部新川で宇部ラーメンといえばまず思い浮かぶ店、中華そば一久 新川店です。

 

場所はJR宇部新川駅のすぐ前にあります。

以前は近所の別の場所にありましたが、2016年8月の火災により今の場所に移転されました。

メニューです。

ラーメン=宇部ラーメンですね。

ラーメンをベースにして、チャーハンや餃子など様々なメニューがあります。

以前はカウンター・キッチンの店だったのですが、今はキッチンは少し奥まった場所にあり、ブース状テーブル席が数席あり、ファミリー需要などを取り込む形になったようです。

私が入店したのは晩飯時でしたが、ちょうどファミリーが2グループ入ってました。

大盛りラーメンを注文して、待つこと5分ほどで出てきました。

見た目の派手さはありませんが、スープは、豚骨の香りが食欲をそそるあっさりしたスープです。

ちょっと油が多めかな。

横浜の家系ラーメンに慣れている私としては大盛り感は全くありませんが、宇部ラーメンは全体的に控えめな量で出てきます。

あっという間に食べ終わってしまいました。

味の三平

次の宇部ラーメンは、味の三平です。

こちらは営業時間が11:00~16:00だけの、昼飯専用です。

場所は、先ほどの一久のすぐ近くにあります。

店内はキッチン+カウンターに加えて、小さめのテーブル席が数席です。

メニューは基本的にラーメン専門です。

やはり大盛りラーメンを注文。

入店が昼時で満席でしたので、キッチン内は大忙しのようです。

それでも5分ほどでラーメンがやってきました。

 

 

しっかり&さっぱりした豚骨スープと柔らかめのの麺が優しいラーメンです。

大変美味しいです。スープを飲み干してしまいました。

こちらも、大盛り感は全くありませんが、宇部ラーメンはこの量感覚がベースです。

秀ちゃんラーメン

次は深夜営業で宇部新川では有名な秀ちゃんラーメンです。

場所が飲み屋街ということもあり、営業時間は19時過ぎ~午前3時頃までやってます。

宇部新川でシメのラーメンといえば、こちらの秀ちゃんらラーメンになるようです。

22時頃店に行きましたが、既に満席でした。

20分ほど待って席が空いて店内へ。

カンターが8席ほどと、大きなテーブルが1つ。全部で20席くらいでしょうか。

店内は飲み屋街で働いている人やお客さんでいっぱいでした。

切り盛りするのは女将さん1人だけでした。

続々とお客さんがやってきては、並ぶ人あり、あきらめて帰る人あり。

メニューはラーメンだけではなく、ビール・チューハイ・日本酒や、枝豆や唐揚げなどのおつまみメニューもあります。

これをワンオペでこなすのは、かなり大変そうな気がします。

席について10分後、ようやっと注文できました。

夜中と言うこともあり、普通盛りのラーメンにしました。

 

麺はかなり柔らかくて、よく言えばお腹に優しかったです。

酒を飲んだ後はこのくらいが良いのかもしれません。

スープはしっかりとした豚骨味と香りで、食欲をそそります。

多分、空いている日であれば、レトロな店の雰囲気の中で、軽く飲んだりつまんだりして、最後にラーメンを食べることができると感じました。

 

考察

今回、駆け足で宇部新川の有名な宇部ラーメン店を3店を回り、

宇部ラーメンを楽しませていただきました。

私の感想としては、

昼飯で行くなら、味の三平

晩飯か大勢で行くなら、一久

飲んだ勢いで深夜枠で行くなら、秀ちゃん

ですかね。やはり。

柔らかめの麺が宇部ラーメンの特徴なようですが、私はもうちょっと麺は硬めが好みかな。

濃すぎず、クセになりそうなスープはとても美味しかったです。

また機会があれば行ってみたいと思います。

 

The following two tabs change content below.

はにわ官房長官

はにわ官房長官です。スローな旅行と下町が好きで何かと驚いてます。仕事もしてます。ブログ書くのとかWordpressいじるのとか初心者レベルですが何でもやっちゃいます。



スポンサーリンク