JALのタイ便。快適なビジネスクラスとプレミアムエコノミークラスに乗って。

はにわ官房長官
こんにちは。タイとカンボジアに出張してきました。東京→バンコク→プノンペンの経路のため、まずタイ入りしました。私はタイに行くときは大抵はタイ航空のエコノミーなのですが、今回はJALのビジネスクラスとプレミアムエコノミークラスに乗ることができました。

久しぶりのタイ出張になりました。

海に囲まれた日本は、仕事で外国出張をするには飛行機に乗るしかありません。

国際線の飛行機は大抵が大型の飛行機なのですが、それでも飛行機は飛行機なので、大して広くはありません。

タイだったら6時間ほど、閉ざされた空間の中で過ごさないといけません。

「6時間くらい我慢しなよ。」
とも思いますが、楽チンに移動できれば、それに越したことはありません。

 

今回のタイ出張はラッキーなことに、
往路はJALのビジネスシートで、羽田発深夜便でバンコク・スワンナブーム国際空港へ、
復路はJALのプレミアムエコノミーシートで、バンコク発の深夜便で羽田へ、
という乗り方となりました。

どのくらいラッキーかと言いますと、

JALのバンコク便・7月のある日の往復最安値価格(H.I.S.サイトから)は次のとおり。

座席クラス エコノミー プレミアムエコノミー ビジネス
料金 55,240円 131,240円 175,280円

 

なんと、ビジネスクラスはエコノミーの3倍以上もします。
1時間あたり約1万5千円です。

高ーい!

もし私が自腹で乗るんだったら、間違いなくエコノミーです。

 

しかし、今回は自腹じゃないので気楽に楽しむことにします。

 




羽田発の夜便でタイ・スワンナブーム空港へ

さて往路です。

深夜00:40羽田発→05:00タイ・バンコク着のJAL33便
です。

ラッキーなビジネスクラスです。

日本とタイの時差は+2時間です。
日本の時刻-2時間=タイの時刻
となります。

たとえば、日本が午前11時のとき、タイは午前9時です。

到着時刻は現地時間ですので、予定のフライト時間は6時間20分です。

出発から1時間、到着前1時間は寝てられないでしょうから、ぐっすり寝たとしても4時間ほどの睡眠時間になりそうです。

 

深夜の羽田は混雑してました

 

さて、出発時刻の2時間前にはカウンターに行って、チェックインを済ませるのが国際線の搭乗手続きの目安です。

深夜の零時40分発なので、22:40までにはJALのカウンターに行きます。

 

22時過ぎに京浜急行の羽田空港国際線ターミナル駅に着きました。

パラパラと人がいます。

そこはかとなく旅の哀愁が漂うような少し寂しい雰囲気です。

 

エレベーターで出発ロビーに向かいます。

 

出発ロビーに着くと・・・

 

大混雑やんけ・・・

 

ベンチは満員で座る場所はありませんでした。

うろつくのは止めて、早々にチェックインしてイミグレーションを通って出発ゲート側でくつろぐことにします。

 

今時の飛行機のチェックインは、自動チェックイン機にパスポートを当てるだけですぐに発券されます。

カウンターに並ばずに、あっという間に発券完了。

便利になりました。

 

しかし荷物の預けはカウンターに行く必要があります。

発券したら、スーツケースを預けます。

相変わらずタイ便は乗客が多いようです。

タイは人気ですね。

私もタイ大好きです。

 

おっと、今回はビジネスクラス用のカウンターでOKでした。

ビジネスクラス用のカウンターはガラガラで、あっという間にスーツケースを預けられました。

ラッキーです。

ついでにマイレージも登録してもらいます。

 

ちなみに、タイ、台北、シンガポールでは電子タバコは禁止だそうです。

普通のタバコは既に厳しい取扱いです。

タバコ好きな人には不幸な時代ですね。

私はタバコ吸いませんので、私には全く関係ありません。

 

カバンを預けたら

手荷物チェック→出国審査を通り抜けます。

夜中の免税店。そこそこ客がいます。

お客さんは沢山買ってるなぁ・・・

 

さて、JALのビジネスクラスやプレミアムエコノミーはJALのラウンジ、サクラ・ラウンジに入れます。

これまたラッキーです。

いそいそとサクララウンジに向かいます。

 

サクララウンジでとりあえずカンパイです。

出張が成功しますように、と。

同行者はソッコーで1杯目空けちゃってます。

 

サクララウンジ慣れしている同行者に、

「食べた方が良いよ」

と、勧められて食べたビーフカレーです。

 

大変おいしかったです。

カレーは大好きなので、相当数食べます。

実はこの日の晩ご飯もカレーだったのです。

 

まぁ家のカレーが不動の金メダルだとして、
このサクララウンジのカレーは、かなりの「The 日本のカレー」という感じで、
銀メダルをあげちゃって良いんじゃないかと思えるくらい、
とってもおいしかったです。

同行者曰く、この超ウマ・ビーフカレーは、日本のサクララウンジじゃないと食べられないとか。

羽田のサクララウンジ、おいしい食事もお酒も豊富で、数時間はいたくなります。

これはまたラッキーでした。

 

深夜なのに調子よくビールを空けてたら登場時間が迫ってきましたので、ボーディングします。

 

さすがの羽田も深夜は空いてます。

 

サクララウンジで沢山食べて飲んだので、幸せにダルダルな一行になってしまいました。

 

飛行機に乗りました。

ビジネスクラスのシートは、シェル状ですね。

いつものエコノミーの長ベンチではありません。

広々してます。

 

背もたれと足置きが、ほぼ一直線になるほどリクライニングします。

寝心地良さそうです。

足下も広々していて、身長173cm・足短めな私では、足を伸ばしても前の席に届きません。

横に2席-2席-2席の配置ですが、前席との感覚が広いので、窓際席でもトイレに行くのは簡単ですね。

アメニティも色々着いてます。

歯磨きセット、耳栓、アイマスク、ブランケット、スリッパ

が備えられてました。

 

さて、離陸して巡航高度に届いたらすぐに、おつまみが出てきました。

 

深夜の1時です。

既に寝ている人もいましたが、私は初心者らしくせっかくなのでいただきます。

先ほどサクララウンジで沢山ビールを飲んだので、ビールはやめてジュースにしました。

明日は早々に仕事が始まりますので。

牛肉のマリネ(かな?)ウマーです。

普段だったらこれでグラスが何杯空くことか。

 

家で晩ご飯→サクララウンジで酒&軽食→飛行機でおつまみ
と続きましたので、あり得ない位満腹になりました。

 

12インチくらいありそうなモニターで映画を流しながら、

シートを最大限リクライニングさせて寝ました。

お休みなさい・・・

 

 

到着2時間前に、朝食が出てきました。

この時点ではまったくお腹は空いていないのですが、

ここで食べておかないと、昼までちゃんとした食事にありつけないので、ガンバッテ食べました。

 

飛行機の上の食事と思えない程の豪華さです。

高級なホテルの朝食と遜色ありません。

良いお味です。

空腹だったらなおさらおいしく感じたと思います。

 

しかも時刻が日本時間で午前5時頃なので、まだ胃袋が起きてません。

 

食べ終わってトイレに行きます。

トイレに入ったら、洗面台にモンダミンと歯ブラシセットが置いてありました。

これは便利。早速利用します。

 

席に戻ると程なくアナウンスがあり、着陸体制です。

 

タイ・バンコク・スワンナブーム空港に着きました。

 

ビジネスシートで足を伸ばして寝られたので、とっても快適でした。

なんだか、いつもよりあっという間に到着した気がします。

 

空港内人はまばらです。

朝5時ですからね。

 

しかし、それにしても、眠い・・・

シートが良くても、睡眠時間が足りないことは、どうしようもないですね。

ギリギリの空港到着

仕事は順調に終わりました。

帰路に就きます。

帰りの便は、21:55タイ・バンコク発→翌朝06:05羽田着のJAL34便です。

単純に時刻だけ見ると、帰りはえらく時間がかかるように見えますが、これも時差のせいです。

 

日本時間に直すと、23:55発→06:05着なので往路と変わりありません。

たいていの場合、タイからの帰路は偏西風に乗るためか短い時間で到着します。

 

スワンナブームでの搭乗までの間に写真を沢山撮ろうと思っていたのですが、空港に向かう直前に友人と話が盛り上がってしまい、

気がついたら時間がギリギリになっていて、慌ててしまいました。

 

スワンナブーム国際空港に到着したのが、飛行機の出発時刻の1時間前を切ってました。

危なかったです。

 

JALのカウンターでは手際よくチェックインしてくれ、出国検査もイミグレーションも空いていたので、

結果としては全く問題無くあっという間に進めました。

感謝感謝

 

 

 

バンコク・スワンナブーム国際空港も夜は空いてますね。

ハヌマーンの後ろ姿を見ながら、

「タイ、バイバイ。また来るね!」

って感じで進みます。

タイって、何度でも来たくなります。

 

さて、プレミアムエコノミーシート利用でもサクララウンジが使えます。

スワンナブーム国際空港のサクララウンジは、羽田ほどは料理が豊富ではありませんでしたし、結構混雑してました。

 

 

無事搭乗。快適なプレミアムエコノミー

サクララウンジで急ぎ目にビールを一杯飲み干し出発ゲートに向かいます。

程なくして無事搭乗できました。

 

 

プレミアムエコノミーシートは、広めの座席が横並びにつながったベンチタイプのシートです。

シートの間には広めの肘置きがありますので、隣の人と肘がぶつかることは少なそうです。

快適です。

足下は、ビジネスクラスほどではありませんが十分なスペースがあります。

 

テーブルはエコノミーシート同様に前席から倒れるものですが、座席が広い分テーブルも広いです。

 

食事は普通のエコノミークラスと同じなようです。

軽く寝て起きた頃、羽田到着前に小さなカップうどんが出てきました。

こういうの、何気にホットさせてくれます。

 

快適なうちに帰国

今回は往復で良いシートに乗ることができたので、空港到着から空港を出るまでの間が大変快適な旅行となりました。

 

変更したい点があるとすれば、どんなシートかに関わらず、

タイに行くなら、昼の飛行機で行く方が良いですね。

 

タイで1泊1万円見ておけば、とても快適なビジネス向けのホテルに止まることができますから、

移動時間をしっかり確保して、夜はホテルで休むことをお勧めします。

最もオススメなものは・・・

最後に、羽田のサクララウンジには、早ーい時間に行っておいて損はありません。

オススメです。

The following two tabs change content below.

はにわ官房長官

はにわ官房長官です。スローな旅行と下町が好きで何かと驚いてます。仕事もしてます。ブログ書くのとかWordpressいじるのとか初心者レベルですが何でもやっちゃいます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です