バウルーのシングルは具沢山なホットサンド好きに超おすすめ

人気のホットサンドメーカー「バウルー」のシングル



スポンサーリンク

世界のサッチャー

悩んだ挙句に購入した「バウルーのダブル」がお気に入りになりすぎて、

結局数ヶ月遅れでバウルーのシングルの方も購入してしまいました。

神様、食いしん坊な私をどうかお許しください。

 関連  愛用のバウルーとニトスキの記事もご一緒にどうぞ♪

バウルーのシングル(BW01)の特徴と使い方

バウルーシングルの特徴は、ダブルサイズに比べて多くの具材を挟めるというところ。これが1番の特徴です。

バウルーダブルとバウルーシングルを開いたところ

↑バウルーは直角の部分まで開きます。この状態で自立するので、食パンを置いたり具材をセットするのも楽チンですよ!

左がバウルーダブル、右がバウルーシングルですが、シングルには真ん中に仕切りがないのと、ダブルのように内側にまるみがなくフラットなので、その分具材がたくさん挟めるようになってます。食いしん坊さんにはぴったり♡

ダブルもシングルも「8枚切り」の食パンを買ってくるとちょうど良いと思います。6枚カットでも作れないことはないですけど、具がはみ出て綺麗に焼けないこともあるので、8枚のうすめのスライスがおすすめです。

使い方については特筆することもなく(^_^;)

食パンを乗せて、お好きな具を乗せて、もう1枚食パンを乗せて、バウルーを閉じて弱火のガスコンロにかけるだけ!

それで美味しいホットサンドが簡単に焼けちゃいます♪

ただ、油断していると毎日の朝食にものすごい量の食パンを消費していて、あれ・・・?私ダイエットしようとか言ってなかったっけ・・・?という状態になるので気をつけましょう。

ほんとに、バウルーを使うと誰でもとっても魅力的で美味しいホットサンドが簡単に作れます。

バウルーの価格(定価)について

バウルーの価格(定価)はシングル、ダブル共に4,200円です。

一時期、人気が出すぎて品薄状態になり、amazonでも7,000円〜8,000円ほどで売られていることがありました。

今ではだいぶ安定してきて、定価で買えるようになりましたけど、私の経験上こういった調理器具は一定の周期でブームがくるので、欲しい人は価格と在庫が安定しているうちにゲットしておきましょう。

前回もマツコさんの番組で取り上げられた瞬間からネットの店舗からバウルーが姿を消しました(笑)

マツコの知らない世界でもバウルーが紹介されました

マツコさんが美味しいって言うと、なぜか無性に食べてみたくなるから不思議です・・・

バウルーシングルとバウルーダブルの比較

せっかくなので2つを並べて撮影してみました。これから買おうとしている方や、どちらのタイプのバウルーを購入しようか悩んでいる人は参考にしてください。

人気のホットサンドメーカー「バウルー」のシングル

バウルーの外箱はレトロな雰囲気でオシャレなイラストが描かれています。

ホットサンドメーカー「バウルー」のシングル

まず、この子がバウルーシングルです。シンプルな形をしてます。

バウルーシングルを開いたところ

開いたところ。ちょうど90度くらいのところで止まります。

バウルーダブルとバウルーシングルの比較

バウルーシングルとダブルを並べてみたところ。いつの間にかダブルの方にすごい年季が出ていますね(笑)外寸サイズはほぼ一緒ですが、上記の通りダブルの方には仕切りと内側に湾曲があるため、具材を多く挟めるのはシングルタイプの方です。

バウルーシングルとバウルーダブルに食パンを乗せたところ

食パンを置いてみたところ。バウルーシングルの方にはちょうど食パンがすっぽり収まります。ダブルの方は少し端の方がはみ出るので、挟むときに指で押し込んであげる必要があります。

90度の角度で止まるので、このようにパンや具材をセットするのは簡単なのですが、若干洗いにくいです・・・(^_^;)なにか上手な洗い方をご存知の方はぜひ教えてください。
バウルーダブルとバウルーシングルを開いたところ

もう一度内側をご覧ください。テフロン加工がされているので、具材が溢れて焼いているうちに少しこびりついても、そんなに酷くくっつかないです。洗えばスッキリ落ちますよ。

このくっつかない特性を利用して、ご飯を詰めて焼きおにぎりも作れるというわけですね♪何度か作りましたけど、これまた楽チンで美味です( ´ ▽ ` )

私のおすすめレシピはのちほど。

 関連 

シングルかダブルかで迷ったら、過去に書いた「バウルーダブルが我が家に降臨!人気のホットサンドメーカー」の記事の方も参考にしてみてください!

バウルーシングルを使ってホットサンドを作ってみました♡

せっかく届いたのですから、張り切ってホットサンドを作ってみなくちゃ!というわけで、なんとなく思いつきの食材を買ってきました。

ホットサンド用の食材たち

\どどーん!!/

そんなに偉そうに言うような高級食材は含まれていませんが・・・色々仕入れてきました(^ ^)

2017年のボージョレ・ヌーヴォー

ん・・・?

シャルル・ドラピエ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2017 スペシャル・キュヴェ

おや・・・?

知らない間にボージョレ・ヌーヴォーが紛れ込んでいました。紛れ込んでしまったなら飲むしかありません。

2017年の出来はどうなのか分かりませんが、きっと例年以上の仕上がりなのでしょう。毎年言ってる気がしますが。

私が選んだのは、シャルル・ドラピエ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2017 スペシャル・キュヴェという、セブンイレブンで売っていた500mlの小さめボトルのボージョレです。

世界のサッチャー

ああ、シャルル・ドラピエ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2017 スペシャル・キュヴェね!

あれ美味しいよね、シャルル・ドラピエ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2017 スペシャル・キュヴェ!

こんな風に言えるほど私はワイン通ではありませんので、普通に食後のワインとして美味しくいただきます♡

ボージョレは若くてフレッシュな果実の香りを楽しむワインなので、難しいことは考えずに楽しめばいいんですよね!

セブンイレブンのレンジで本格食感チョリソーつまみはこれ。

最近どハマり中の、セブンイレブンのコンビニおつまみシリーズから、レンジで本格食感チョリソーです。税込298円、363キロカロリー。

レンジで1分間温めるだけでめちゃめちゃ美味しいです。あなどれないですよ、本当に。

前に私が興奮しながら書き上げた「おすすめコンビニおつまみ」の記事もお時間のあるときにぜひ読んでみてください。

まずはタモリさんもおすすめする絶品のサバサンドから

使う材料は

  1. 食パン
  2. サバの塩焼き
  3. 玉ねぎ
  4. マヨネーズ

以上。すっごく簡単なレシピなので、サバ好きであれば挑戦すべきです!

えー?サバとパンなんて合うの?という先入観は一度捨ててお試しあれ♡

セブンイレブンのさばの塩焼き

使うのはこの子。セブンイレブンの赤外線で香ばしく焼き上げたさばの塩焼き。税込280円。321キロカロリーです。

レンジで50秒チンするだけで、サバの塩焼きが完成するという優れもの。しかもこのサバ、とっても美味しいです♪

セブンイレブンのサバの塩焼き

こんな感じで綺麗な焼き目がついています。誰がどう見ても遠赤外線で焼かれていますね。

このサバを半分に包丁で切って、バウルーの上に乗せて、玉ねぎのスライスを乗せて、マヨネーズをお好みの量かけて、もう1枚のパンで挟んで、弱火で両面2〜3分づつ焼くだけで完成!(具材が大きいのでダブルよりもシングルを使用した方がおすすめです)

バウルーシングルで作ったサバサンド

完成!サバサンド!

サバの身がふっくらしていて、玉ねぎのシャキシャキ感とパン表面のカリカリ感とあいまってとっても美味です♡マヨネーズが良いアクセントになってます♪ここに大葉を入れたり、ごまをかけたりと、アレンジしてみても美味しいと思います( ´ ▽ ` )

定番のタマゴサンド

ゆで卵と塩胡椒とマヨネーズ。それを混ぜ合わせてパンに挟むだけですが・・・

バウルーシングルで作ったタマゴサンドの断面

こんなに美味しそうに仕上がります♪

バウルーシングルの方を使うと、たっぷりたまごを入れられるので具沢山のホットサンド好きは涙を流して喜ぶそうです。

バウルーダブルで作ったホットサンドの断面

ちなみに、バウルーダブルの方でホットサンドを作ると、真ん中の仕切りと内側のカーブのおかげで、パンがかなり圧縮されます。

そのため、端の部分と仕切りに潰された部分はカリッカリでそこがまた美味しい♪カリカリ食感を楽しみたい人はバウルーダブルがおすすめ、具をいっぱい詰め込んだ贅沢ホットサンドを作りたい人はバウルーシングルがおすすめだと思います。

私はこのギュッと詰まってカリカリに焼けたホットサンドも大好きです。

バウルーで簡単グラパン風ホットサンド♪

くりぬいた食パンの中にグラタンを入れて焼き上げたものが一般的なグラパンですが、私は食パンの中にホワイトソースと、とろけるチーズを入れて簡単グラパン風ホットサンドを作ります(^。^)

ハインツのちょっとだけホワイトソース

便利なのがこれ。ハインツの『ちょっとだけホワイトソース』70グラムの小袋が3袋入りで、スーパーで200円前後で購入できます。

ちょっとだけホワイトソースの中袋

こんな小袋が入っていて、量がちょうど良くて色々なものに使えます♪

ごはんと混ぜて、ミートソースとチーズとパン粉をかけて焼けば簡単ミートドリア風。そんなズボラ飯が大好きです。

このちょっとだけホワイトソースは、量も適量ですが味も美味しい!ちょうど良いバランスの塩気で、どんなレシピにも使いやすいのがお気に入りの理由です。

ホットサンドで使う場合は、

  1. 食パンの上にちょっとだけホワイトソースを1袋出す
  2. とろけるチーズ(スライスでもなんでも)をお好きな量かける
  3. ブラックペッパーを少々
  4. 食パンをもう1枚乗せてバウルーで焼くだけ

これで完成です。お好みでゆでたマカロニや、レンジでチンした温野菜を入れても美味しいと思います。

超簡単で、贅沢なグラパン気分を味わえるので、ぜひ一度お試しあれ♪(´ε` )

マスカルポーネチーズとはちみつで簡単デザートホットサンド

はちみつとマスカルポーネチーズ

これも私のイチオシの組み合わせ。

マスカルポーネチーズとはちみつを食パンに挟んで焼くだけの、ほんのり甘いデザートホットサンド。マスカルポーネの酸味と、はちみつの甘みが奏でる絶妙なハーモニーは、食べ過ぎ注意報が発令されるほど魅力的です。

過去に行った、美味しいピッツェリアで、チーズにはちみつをトッピングして出してくれたことがあって、それを真似て作ってみたらホットサンドでも美味!美味しくて材料費は安いのでとってもコスパがいいですよ!

先ほど紹介した「バウルーダブルの過去記事」の方では、チョコレートのシートを挟んで焼いてみましたけど、甘いホットサンドもすごくおすすめです。

フルーツ+チーズとか、ホイップクリームなど。スライスしたバナナやりんごなどお好きなフルーツをサンドしてみても、美味しいホットサンドが仕上がります♡

バウルーで作るおすすめ焼きおにぎりレシピ

バウルーはテフロン加工でくっつかないので、焼きおにぎりも上手にできます♪

焼きおにぎりを作るときのポイントは、

  • 使う前にバウルーに軽く油を塗ること
  • たまにバウルーを開いて焦げないように火加減を調節すること(基本は弱火)

あとは、ギュッと圧縮すると綺麗に焼きあがるので、焼きおにぎりに挑戦したいなら、バウルーダブルの方の方が使いやすいと思います!

★味噌チーズ入り土佐焼きおにぎり

さっきからチーズ大好きな人みたいになってますけど、普段はそこまでチーズ摂取量は多くありません(汗)

このレシピは、これまた簡単で美味しいので、お時間があったらお試しください♡

  1. あつあつのご飯に土佐醤油を適量入れてまぜまぜする。(土佐醤油がなければ普通のお醤油でOK)
  2. かつぶし粉をひとつまみごはんの中に入れてまぜまぜする。(かつぶし粉がなけばかつおぶしをレンジで30秒チンするとパリパリサラサラになりますよ)
  3. 軽く白ごまをふりいれてご飯は完成!
  4. お好きなクリームチーズ(私はkiriが好き)を1日〜1日半くらい味噌漬けにします。(容器に普通の味噌:西京味噌を2:1の割り合いでまぜて、そこにクリームチーズを漬け込む)
  5. 出来上がった味噌チーズを先ほどの土佐醤油ご飯の中心に入れて、バウルーで挟んで両面こんがり焼くだけ!

土佐醤油のご飯と、味噌漬けのクリームチーズが意外にも相性抜群です(^。^)

バウルーのシングルで作ったホットサンドも非常に美味でした♡

結局追加で購入したバウルーのシングル。

私はカリッとした食感が好きで、1番人気のバウルーダブルの方がいい!と決断して購入したのに、あまりにも良かったのでシングルの方も欲しくなってしまいました。

これからは、自宅で朝食を食べるときだけに使うのではなく、BBQやキャンプのときにも持って行って活躍させてみようかなと思ってます♡

手軽に美味しいホットサンドが作れる優れもの!やっぱりバウルーはすごいです。シングルもダブルも優秀で、ずっと大事にしていきたいホットサンドメーカーです。

これからも色んなものを挟んで、焼きまくっていきますので、美味しいレシピを発見したらまた記事を書きます!ここを読んでくださった読者の方の中でも、おすすめのレシピをお持ちの方がいらっしゃればお気軽にメッセージをください♡

あ、ちなみに。

シャルル・ドラピエ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2017 スペシャル・キュヴェはフレッシュなぶどうの爽やかさが口に広がってとってもさっぱり美味しかったです。

私には「土臭さの中に香るベリー系の芳醇な香りと酸味が・・・」とか、そんなソムリエさんのようなコメントはありませんのであしからず。

今宵もかんぱーい♪

The following two tabs change content below.

サッチャー

食べ歩きとお酒と温泉が好きな東京生まれのライター。人生は遊びじゃないと言いながら、遊ぶことが大好き。何なら毎日でも遊んでいたい好奇心旺盛な楽天家。タイ旅行に行った時にすっかり魅了され、いつかはタイで暮らせればいいのに。と夢見ています。



スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

食べ歩きとお酒と温泉が好きな東京生まれのライター。人生は遊びじゃないと言いながら、遊ぶことが大好き。何なら毎日でも遊んでいたい好奇心旺盛な楽天家。タイ旅行に行った時にすっかり魅了され、いつかはタイで暮らせればいいのに。と夢見ています。