ガラス保護フィルムは絶対!購入翌日にiPhone8の液晶をバキバキにした話



スポンサーリンク

液晶防衛大臣

みなさんスマホは好きですか?それ以上にこよなくあのキレイな液晶を愛したことがありますか?

ときどき街で割れた液晶画面のまま操作をしている方をお見受けしますが、あんなに愛したスマホにひどい仕打ちをしたまま放置プレイするの本当の心境を知りたいですよね。

分かりますよ・・・修理代高いですよね、修理だすの面倒くさいですよね、( ✧Д✧) カッ!!

みなさんスマートフォンの液晶を割ったことがある人と割ったことが一度もない人の違いを考えたことがありますか?

iPhoneを購入翌日に落とした人

落とすときは落とす、落としても割れないときは割れない

「すなわち毎回液晶をバキバキにする人」と「液晶をキレイに使える人」に分かれる

が答えなんじゃろ?

液晶防衛大臣

まあそうなんですけどね〜。でも毎回液晶をバキバキにしてしまう人もやりたくてやってるわけじゃないですよね!

そこで今回本当にキセキな出来事が起きたのでお伝えしておきたいのと、iPhoneにおすすめの保護フィルムについて紹介したいと思います。

購入翌日のiPhone8を豪快に落下させ液晶を破壊

液晶防衛大臣

あれ?もうこれって答え言っちゃってませんかね?

iPhoneを購入翌日に落とした人

まあ、まて。ことの始まりはこうだ。

待望のiPhone8の発売日から3日過ぎた9月の25日。

iPhone8をauショップで購入

浮かれていた私はauショップにてiPhone6から新型のiPhone8に機種変更をしました。

今思えば現役バリバリのiPhone6を見捨てたことによりiPhone6の生霊がiPhone8へ乗り移ったのではないかと思われます。

iPhone8のピンクゴールド

自宅に持ち帰り新しい背面がガラスになったiPhone8をくまなく眺めて「これスマホカバーにいれたくなーい!可愛いもん!」となり、しばらくは裸でiPhone8を使用することを決意しました。

 ・

翌日の朝

翌日にiPhone8ポケットに入れたまま自転車を漕ぐ

購入したばかりの裸のiPhone8をなぜかバッグではなくポケットに入れたまま自転車で道路を走行しました。

この時点で「モノを案外粗末に扱う奴なんだな」と思われてしまっても過言ではありません。(ちな地元の出身はカゴンマです)

ことは起きました。

iPhone8が落ちてしまう。

ポケットからiPhone8がスルリと抜けて広大なアスファルトに叩きつけられてしまったのです。

機種変した新型のiPhone8を翌日に落としてしまったのにも関わらず・・・しかしあろうことか、落としたiPhone8に気づかずしばらくこのまま走行を時速15kmで続けてしまうのです。

500mほど先にあるコンビニについた時に気づきました。「iPhone8が手元にない」と。

ここで問題点をひとつお伝えします。iPhone8は本体自体のカバーをしないと背面もガラスになっているため、いとも簡単にポケットや手元からスリ落ちます。

ということで今まで通ってきた道を戻ることになりました。

もはやこういう時こそ冷静な真顔になります。

落としたスマホを救出します。

背面のAppleマークを背にし、アスファルトにうずくまっているiPhone8(我が子)をそっと抱きかかえました。

 

「・・・まだまだ私大丈夫だから」と真顔で平静を装うしかありません。

 

 

さて、裏返すのか?それとも更に叩きつけるのか?

おや、小さくなりましたね。液晶画面をチェックするのにだいぶ怯えている様子です。

 

さて、iPhone8の正面を確認することにしましょう。

液晶の割れたiPhone8

「・・・・・・・・・・」

「グッジョブ!」

衝撃のあまり良くわからない言葉を発してしまいました。まさかスティーブジョブスとかけているわけでは無いですよね?とその当時の私に聞いてみたいです。

落として液晶がバキバキになったiPhone8にキセキが起きた

液晶防衛大臣

状況は理解できましたよ。即効修理にいかれたのですか?

iPhoneを購入翌日に落とした人

まあ、まて。ここで非常に素晴らしいことにキセキが起きたのだ。

購入の翌日にポケットから落下させてしまったiPhone8

落としたiPhoneの液晶をチェックしてみた

よく見てみると

ん?

 

 

おわかりいただけただろうか

おわかりいただけただろうか

 

 

 

そうなのです。このiPhone8の液晶の破損部分の裏側に「液晶のベゼル(本来の液晶枠)」が見えるのです。

iPhoneに保護フィルムが貼られている?

これをちょっと恐る恐る剥してみようと思います。

 

 

保護フィルムに守られていました。

なんと・・iPhone8から液晶の保護フィルムが剥がれてきたではないですか。

 

あ、機種変更の手続きをした時にauショップの店員さんがガラス保護フィルムを貼ってくれてたの忘れてた。

 

ということは・・・

iPhone8が落として割れたのにもかかわらずほぼ無傷

液晶のガラス製保護フィルムを貼っていたおかげiPhone8の方は無傷なのです。

そう、それはこの子がいなければありえなかったことです。

 

「マジ卍!」

液晶防衛大臣

いや、いまそこで「グッジョブ」って言うべきでしょ。油断しすぎですよ。

ガラス製の保護フィルム最高じゃ。

 

しかし・・

iPhone8の多少のかすり傷

本体全体のケース保護はなかったためiPhone8の側面に多少の小さいかすり傷は残りました。

 

ただし液晶側は、まったく破損もなくかすり傷もなし。

 

この時に改めてガラス製の保護フィルムの素晴らしさを実感しました。

保護フィルムに守られていました。

iPhoneの液晶画面は最低限守ることもできる。

「そう、このガラス製の液晶保護フィルムさえあればね。」

液晶防衛大臣

ドヤ顔で言わないでください。

キセキというより保護フィルムを貼っていたのを忘れていただけでしょうが。

もしもiPhone8の液晶を破損していて修理に出した場合の料金は?

iPhone8の修理代金は??
iPhoneを購入翌日に落とした人

もしも私が今回購入したばかりのiPhone8の液晶が本当に割れて修理に出した場合なのですが、

シリーズ別 AppleCare加入の場合 AppleCare未加入
iPhone8 Plus 3,400円 19,800円
iPhone8 3,400円 17,800円

なんと、、、AppleCareのサポートに未加入の場合なら17,800円もするじゃないですか。。高。

ちなみにそんな災難を逃れることができた私の液晶のガラス保護フィルムは2,000円弱のものでした。

これで高額な修理代を払わずにすみました。ざっす!もしもAppleCareやドコモやauなどの修理サポートに入ってなければ絶対に保護フィルムは必須だと思います。

参考までに、現在のiPhone6〜iPhoneXまでの液晶破損時の修理代金です。

iPhone公式サポート「画面の破損」

特に新しく発売されるiPhoneXはこの値段差を見ると絶対にAppleCareに入っておくべきですね。

ガラス製じゃない保護フィルムはどうなの?

やっぱりガラス製の保護フィルムと通常の保護フィルムと違いを気にしている人がいるのですが、正直私としてはガラスの保護フィルムの方がおすすめできます。

みなさんもよく聞くと思いますが、色んな友人が数々のiPhoneで液晶を割っているかと思いますが、iPhoneの液晶が落として助かった率は圧倒的にガラス製の保護フィルムの方が多いです。

ツイッターでもさっそくiPhone8を落として液晶や背面を破損した方が多いので絶対保護フィルムは必要ですし、ぜひガラス製にしておくべきだと思います。

ということで今回は私の事例を元にiPhoneの液晶を守ることができる優秀なガラス製の保護フィルムを紹介したいと思います。

iPhoneにおすすめの液晶保護フィルム

ガラス製の保護フィルム

それでは今回私の愛しいiPhone8を救ってくれたガラス製の保護フィルムを中心に紹介したいと思います。

GACOYI 旭硝子製 ガラスフィルム
おすすめ度:★★★★☆
硬度9Hのガラスフィルム

「硬度9H」「2.5Dエッジ」「透過率99%」「高感度」「気泡防止」「超薄型」「指紋防止」とiPhone8を守るため、そして快適に使うためのスペックを兼ね備えています。

値段はAmazonで1,260円と非常にリーズナブルなので、これで万が一の破損を多少でも防ぐことができると考えると非常にコスパが抜群で評判も高いです。

このガラスフィルムは硬度9Hというガラスの最強強度を持ちながらさらにiPhoneの液晶にそった2.5Dエッジ(端が曲線を帯びている)のが最大のポイントです。

ABBOBI ガラスフィルム
おすすめ度:★★★★★

「硬度9H」「3Dエッジ」「透過率99.9%」「3Dタッチ対応」「超薄型0.26mm」「飛散防止」「ゴリラガラス」とすべてが揃っているiPhone8にふさわしいガラスフィルムです。

値段はAmazonで1,860円と多少高めですが、超薄型で非常に固いゴリラガラスを採用しておりフィルムを貼ったと感じさせないながらもかなり強度が高い保護ができます。

上記のGACOYI製のガラスフィルムと比べてると2.5エッジを超える3Dエッジを採用しています。

iPhone8の液晶画面と変わらないぐらいの密着度ながらも非常に強力な保護ができるのがポイントです。

正直色々調べてみたのですが、この2つが一番今のところ最強ではないかと思っています。

参考までにこの製品で使われている専門用語をまとめました。

硬度9H Hとはガラスコーディングなどに使われるJIS規格。いわゆる鉛筆と同じ強度程度のことを表す表記です。8Hの鉛筆のひっかきにも耐えられる場合は9H規格となります。
ゴリラガラス Gorilla Glassと呼びアメリカに本社をおく、強化ガラスの製造しているブランド名です。多くのスマートフォンにも採用されている傷かつきにくく強度の高いガラスです。
透過率 光を通し鮮明に映し出せるかを示す表記。メガネが97〜98%と言われています。この%が100に近ければ近いほどより製品の液晶そのものの表示がフィルムを通して表現されるということになります。
●Dエッジ カバーガラスの形状のことを指します。2Dがガラス自体が水平の平面となり2.5Dエッジになると側面になるにつれて曲線を帯びてより最近のスマートフォン(側面がエッジを帯びている液晶)の形状にフィットするようになります。3Dエッジとなると2.5Dエッジよりもさらに側面の曲線が強くなります。
iPhoneを購入翌日に落とした人

私が今回体験したキセキはこのガラス製の保護フィルムがなければ絶対ありえない出来事でした。

ですから、高い修理代や壊れた液晶のまま不便に使用すること無いよう購入する店舗や購入した後にでもすぐに液晶は保護フィルムで対策しておくべきです!!

液晶防衛大臣

ちなみにiPhone8は背面もガラス製になっているので、手元やポケットからするりと落ちる可能性が高いです。ですから本体全体をカバーをするスマホケースもあるとなお保護度MAXになりますよ!

はいはい本体のケースも買いますよ。

あ、そういやガラスフィルムをまた「おかわり」しないといけないね。

結局普通に修理に出すよりも高く付くかも・・・(AppleCare加入済み)

The following two tabs change content below.
腰痛防衛大臣

腰痛防衛大臣

平和と争いを愛する、なにかを常に防衛したい大臣です。家系が漁師で魚釣りが昔から好きです。魚を食べ続けたたせいで骨が太くなってしまい、30代を過ぎて骨がずれてきたらしく腰痛に悩まされています。腰痛を防衛したい今日この頃です。



スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

腰痛防衛大臣

平和と争いを愛する、なにかを常に防衛したい大臣です。家系が漁師で魚釣りが昔から好きです。魚を食べ続けたたせいで骨が太くなってしまい、30代を過ぎて骨がずれてきたらしく腰痛に悩まされています。腰痛を防衛したい今日この頃です。